AirPods Proのノイズキャンセリングが凄い→泣く泣く返品

Apple
この記事は約5分で読めます。

10月30日発売のAirPods Proを早速購入してきましたのでレビューです。

発売日当日の夕方、何気なくオンラインのApple Storeを見てみると納期2〜3週間となっていたのですが、「店舗で受け取る」を選択したら当日在庫があったので衝動買いしてしまいました。

閉店前のApple Store、人がごった返してましたね。外国人旅行者と思しき方々がたくさん並んでいて、かなりの待ち時間を覚悟したのですが、5分ほどでスタッフさんがやってきて一安心。AirPods待ちの列ではなかったみたい。特に新製品も無かったと思うんだけど何のために並んでいたんだろうか・・・(謎)

「iOSを最新にアップデートしておいてくださいねー」「つけたらまず装着テストしてみてくださいねー」等、いつもの軽い雑談と共に商品ゲット。今回はあらかじめネットで注文しておいたので署名等も必要なくスムーズ決済。

去り際、スタッフさんが申し訳なさそうに「お願いがあるんですけど・・・」と言ってきたので何かと思いきや、最近Appleでは省エネを推しているとかで、よっぽどな事情のあるお客さん以外にはレジ袋を渡してないんだとか。手ぶらだったのでちょっと抵抗があったですが、あまりのトークの上手さに、ジャケットのポケットを目一杯膨らませて退店。

ちなみに代金は27,800円に消費税10パーセントで30,580円でした。毎度ありぃ!

・・・

・・・

・・・

帰宅して早速開封の儀!!!の前に、スタッフさんのアドバイス通りiOSアップデートをリクエスト。iOS13.2を入れないと機能がフルで使えないそうです。

で、まず箱。

第1世代、第2世代とAirPodsをリピートし続けているのですが、若干大きくなっていますね。

ケースも少し大きい。

旧AirPodsケースが横長になっただけのようなものを想像していたので若干驚き。持ってみると重さも若干増えてる気がする。
→公式サイトによるとサイズ、重さは以下の通り。はい。増えてます。

AirPods ProAirPods(第2世代)
高さ45.2 mm53.5 mm
60.6 mm44.3 mm
厚さ21.7 mm21.3 mm
重さ45.6 g40 g

中蓋を上げると・・・

lightningケーブルとサイズの違う2種類のイヤーチップ(本体にあらかじめ1セット装着されているので合計3種類ですね)。付属のLightningケーブルはUSB-Cタイプのもの。Qi規格対応のワイヤレス充電器かUSB-C電源アダプタをお持ちでない方は充電できないので注意!!

ケースを開けるとイヤホン本体とご対面。

前世代の「うどん」と揶揄された尻尾の部分は短くなりコンパクトに。黒い部分はセンサー類なのでしょうか・・・見てるだけでワクワクしますね。テクノロジーを感じます。本体サイズは以下の通り。

AirPods ProAirPods(第2世代)
高さ30.9 mm40.5 mm
21.8 mm16.5 mm
厚さ24.0 mm18.0 mm
重さ5.4 g4 g

・・・

・・・

・・・

そうこうしているうちにiOS13.2のインストールが完了。ペアリングは本体付近でAirPodsケースの蓋を開けるだけ。とても簡単でした。画面下から接続のためのプロンプトと簡単な使用方法が出てきます。

いざ、装着。まずは、設定アプリ→Bluetooth→インフォメーションボタン(iボタン)から、「イヤーチップ装着状態テスト」を実行。

荘厳(?)なミュージックが流れ、数秒で以下の画面に。

しっかり装着されてるみたいですね。装着状態が悪かったりそもそもイヤーチップのサイズが合っていなかったりすると↓のようなエラー画面が出ます。どうやってチェックしてるんだろう。すごいですねぇ。

今までいわゆる「カナル型イヤホン」というのを使ったことがなかったのでまず驚いたのが装着感。

第1第2世代のAirPodsだと、寝転がったりランニングしたりしていると耳から外れてしまうことがよくあったのですが、さすがPro。かっちり耳を捕まえて離しません。トイレに行く時、落下を恐れ外してたのですがこれからは大丈夫そうです。

さて、予想以上にノイズキャンセリングが素晴らしいですね。本体の尻尾の部分を長押し(というより長摘み)するか、iPhoneのBluetooth設定画面からノイズキャンセリングOFF/ONを切り替えられるんですが、切り替わるタイミングでスッと環境音が消えます。マジで。これつけて歩いてたら事故るだろってくらいの完成度です(普段どれだけノイズだらけの世の中で生きているかがよーく分かります笑)。そこいらの耳栓つけるよりもノイズ減衰量多いんじゃないかなー。

移動中やコンビニでのお買い物時など、環境音も聞きたい時は「外部音取り込み」に設定すればOK。こちらも秀逸。ノイズキャンセリング→外部音取り込みの変更タイミングで今度は「装着感」が消えます。イヤホンを取り外したかのような錯覚を覚えます。音質は、まあ、普通かな。モコモコしていて温かみがある印象。元々動画視聴くらいにしか使わない予定だったのでここは別に問題なし。第1、2世代のAirPodsと比べて遮音性が高いので、少ない音量でも十分聞こえます。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

紆余曲折。ノイズキャンセリングOFF/ONしまくって1日丸々遊んでみたのですが・・・

かゆい・・・

耳の中がかゆい・・・

かゆいよぉ・・・

どうも体質が合わなかったようです。

密閉されて蒸れるがダメなのか、はたまたイヤーチップの素材が合わないのか。

というわけで泣く泣く返品します。ごめんなさい・・・Appleさんの懐の深さに感謝。

今後も大人しく第2世代のAirPodsを使っていきます・・・

ショック・・・

タイトルとURLをコピーしました